台風対策ための情報サポート

雨戸のチェックはできていますか

台風接近時、かなり強い風が吹きます。
家に弱いところがあると、最初にそこが崩れていき、次々といろいろなところが立て続けにやられていきます。
ひどい場合だと、最終的に屋根なども含めて家ごと吹き飛んでしまう可能性もあるでしょう。

家で弱いところと言えば、どこでしょう?
窓です。
その対策として重要になってくるのが雨戸です。
雨戸がガタついていたら、台風は雨戸を簡単に吹き飛ばして、外に宙を舞う数々の物体が窓を壊し、暴風雨が家に侵入してきてしまいます。

台風がかなり近づいてきてからではもう遅いです。
暴風雨が吹き荒れている中、雨戸を閉めに行くのは相当きついでしょう。
また、接近前に雨戸がガタついていることに気づいてももう対策の時間がありません。
ですので、台風シーズンが来る前に早めに対策しておきたいのが「雨戸」です。
いつでも万全の状態にしておくのが理想的でしょう。

家の外回りの対策もしておきましょう

雨戸のチェックはできましたか?
それでは次に家の外回りの対策を考えていきましょう。

家の外には、植木鉢、物干し竿など、吹き飛びやすいものがたくさん存在しています。
そんなものを外に出したままにしておくと、暴風雨によって簡単に吹き飛ばされてしまい、自分にとっても危険になるし、他人にとっても危険なものとなります。
また、飛ばされた物体が自分の家を破損して、台風の風が家に侵入してくるような事態が起こりかねません。
このような二次災害は防いでおきたいものです。

そのために、植木鉢や物干し竿など、台風によって吹き飛んでしまいそうなものは家にしまっておきましょう。
外に固定しておくという方法もなくはないですが、やはり家の中にしまっておくのが一番でしょう。