非常食・防災グッズをそろえよう

非常用グッズでそろえておきたいものとは

停電、断水時や、自宅が孤立してしまって家から出られないというようなときに、非常用グッズがあると便利です。
どのようなものがあるでしょうか。

まずは、懐中電灯です。
これは停電時に非常に重要となってきます。
懐中電灯がないと、夜は特に暗いので歩く際に物とぶつかったりしてかなり危険です。ぶつけてひどいけがをしたときには、停電時や自宅孤立時にすぐに病院に行ける環境ではありませんから、このような事態を防ぐためにも、懐中電灯は重要となります。

次に、水と非常食です。
ここで重要なのは非常食の選び方です。
非常食は消費期限の長いものを選んでください。
お金の節約にもなりますし、消費期限が1年以上のものを選んでいれば、1年内のある時期に買い替えるなどができ、買い忘れを防ぐこともできます。

それ以外には、サバイバルナイフ、コンパクトな医療用キットなどがあると理想的ですね。

非常食の考えを一新するローリングストック

先ほど、非常食を選ぶ際は消費期限の長いものを選びましょう、と書きましたが、「どうしても消費期限を忘れてしまう」という方もいらっしゃると思います。
また、缶詰や乾物だと子供が嫌がってしまうということもあるかもしれません。
そんな人のために、「ローリングストック」という方法をお勧めしたいと思います。

ローリングストックは、いつもの食生活で非常食となる食材を消費しながら、どんどん買い足していく方法のことです。循環備蓄、スマートストックとも呼ばれます。
非常食をいつも買い足していくのですから、いざという時の非常食がないという事態を防ぐこともできますし、もちろん消費期限を気にする必要もありません。
缶詰や乾物と違って食べやすいものを選ぶことができるので、子供が嫌がるという心配もありません。
非常食のもう一つの選択肢としてのローリングストック、いかがでしょうか。